1. Poderosaのインストール

1.1. Poderosaのダウンロード

検索エンジンでPoderosaと検索するとPoderosa公式サイトがヒットしますが、 公式サイトは古いバージョンのPoderosaしか公開されていません。

必ず以下URLのSourceForgeからPoderosaをダウンロードして下さい。 なお、現時点(2011/12/25 執筆)では、正式版のversion 4.1.0よりもベータ版のversion 4.3.5bの方がお勧めです。 version 4.3.5bは改行を含む貼り付けを行おうとした時に、警告メッセージを表示してくれます。

  • http://sourceforge.net/projects/poderosa/files/beta/

1.2. Poderosaのインストール

exe版の場合は、exeをダブルクリックしインストーラーの指示に従い"Next"を押下します。

zip版の場合は、適当なディレクトリに解凍します。 よく使うソフトウェアなので、デスクトップにショートカットを作成すると便利だと思います。

2. 基本設定

2.1. 表示設定

"ツール" -> "オプション" -> "表示"から文字色・背景色・フォントサイズを変更する事ができます。

2.2. ターミナル設定

"ツール" -> "オプション" -> "ターミナル"からターミナルの設定が可能です。

"バッファ行数"でターミナルに表示する行数を変更できます。 "ログファイル名を自動取得する"をチェックし"保存先ディレクトリ"を選択する事で、 自動的にログが取得されるようになります。 ログファイル名は、ホスト名や時刻を元に自動生成されます。

"改行文字を含む貼り付けで警告を表示"にチェックが入っている事を確認して下さい。 この設定により、改行を含む貼り付けをした際に警告メッセージが表示されます。

2.3. 操作設定

"ツール" -> "オプション" -> "ターミナル"からマウス操作の挙動を設定できます。

Tera TermやPuttyのように左クリックコピー・右クリックペーストはできないようです。 Poderosaユーザは、Alt+Cでコピーし、Alt+Vでペーストするユーザが多いようです。