1. 自己診断

コンソールケーブルを接続した状態で、ルータを起動します。 起動すると、まず自己診断(POST : Power On Self Test)が実施されます。 診断結果が"OK"または"Passwd"と表示される事を確認します。

Memory test....OK

Decompressing...OK
System database initialization ... OK
ICS unit 0: Dev 0xB025, Rev 0x11, Chip BCM56025_B0, Driver BCM56224_B0
Attaching SOC unit 0...

BCM unit 0: SOC registers test ... Passed
BCM unit 0: PHY registers test ... Passed
BCM unit 0: MAC loopback test .... Passed
BCM unit 0: PHY loopback test .... Passed
Fan sensor test .................. Passed
PoE test ......................... Passed

Checking Image Bank Integrity ........ OK

Booting system
Decompressing...OK

OS Init complete
sal_core_init completed
sal_appl_init completed
Broadcom Command Monitor: Copyright (c) 1998-2007 Broadcom Corporation
ICS unit 0: Dev 0xB025, Rev 0x11, Chip BCM56025_B0, Driver BCM56224_B0
SOC unit 0 attached to PCI device BCM56025_B0
SOC unit 0 attached
Loading the rc.soc file
rc: unit 0 device BCM56025_B0
rc: MMU initialized
rc: BCM driver initialized.
rc: L2 Table shadowing enabled
rc: Port modes initialized

 Console Task creation is successful

 Telnet Task creation is successful

2. ログイン

Postが終了するとユーザ認証を求められます。 初期設定はユーザ名"manager"、パスワード"manager"です。

 ==============================================================================
 PN23249K Local Management System Version 2.0.0.73
 MAC Address: 00:C0:8F:2E:10:3B

 ==============================================================================

 Login Menu

 Login:

3. 3つの設定方法

3.1. 概要

パナソニック MNOシリーズは、以下3つの設定方法を備えています。 勤務先の文化やエンジニアのスキルセットに応じて、使いやすい設定方法を採用すると良いでしょう。

  • WEB GUI - ブラウザによる操作
  • Menu - 対話形式の操作
  • CLI - コマンドラインによる操作

3.2. WEB GUI

パナソニック MNOスイッチは、ブラウザによる操作機能を備えています。

私が打鍵した限りでは、たまに画面が表示されなかったり設定が反映されなかったりの不安材料がありました。 構築時はWEB GUIでも良いかもしれませんが、運用としてWEB GUIを使うのは若干不安です。

Web GUIの非常に優れている機能は、interface, VLAN等の一括設定です。 CLIモードで"interface range"コマンドが存在しないので、 私は一括設定をGUIで行いCLIで"show run"確認するのが一番効率が良いと感じました。

3.3. WEB GUI

以下画面のような対話形式の操作が、パナソニックが一番推奨する設定方法です。 なお、この画面でCを押下するとCLI画面になります。

3.4. CLI

コマンドライン操作も可能です。 但し、"タブ2回でヘルプストリングがでない", "一部短縮コマンドが許されずコマンドの完全一致が求められる" など使いづらいと感じる点がありました。

なお、設定全文を確認できるのは、CLIモードの"show run"コマンドのみです。 他のモードでは、該当の機能のみしか設定が表示されないので、スイッチ機器間の差分を確認したい時は このモードを使用すると良いでしょう。