リモートコンソールの使い方


リモートコンソールの使い方

多くのサーバ製品にはリモートコンソール(遠隔操作の機能)が備わっています。この機能を使いこなす事によって、BIOS変更や仮想電源操作など、ssh, リモートデスクトップでは不可能なメンテナンス作業を実施する事ができます。このページでは、リモートコンソールの操作方法について説明します。

なお、この機能に対する一般的な名称はなく、各社、iLO, iDRAC, server viewなど独自の名称で呼んでいます。また、ベンダーによって、操作方法に若干の違いがあります。

リモートコンソールの機能

画面表示機能 画面操作機能

リモートコンソールの一番便利な機能は、画面表示と画面操作を提供する機能です。リモートコンソール側にIPアドレスを設定しておけば、サーバ本体にIPアドレスを設定せずとも様々な操作を実施する事ができます。リモートコンソールが非常に役にたつのは、以下のようにサーバ本体にsshなどで接続できない場合です。

  • サーバ初期セットアップ OSインストール
  • BIOS設定変更
  • 何らかの物理障害でsshログインができなくなってしまった時
  • sshログイン不可になる程の高負荷で、強制再起動をせざるを得ない時

ハードウェア監視機能

リモートコンソールは画面描画以外にも、ハードウェア監視機能も備えています。ハードウェアに異常があるかどうかをGUIで表示したり異常にトラップで通知したりする機能が備わっています。ただし、ここで取得できる情報はIPMIによって提供される情報のみです。RAIDコントローラーは別の情報提供の仕組みがありますので、(例外もありますが)リモートコンソールからは見れない事が多いと思って下さい。

以下はgoogle画像検索で拾ってきたDELL iDRACの画面です。画像をご覧の通り、電圧やCPUの異常有無を確かめる事ができます。

dell_idrac

リモートコンソール IPアドレスの設定

リモートコンソール IPアドレスの設定 概要

多くの現場は、リモートコンソールの最低限の設定として、IPアドレスを設定する事が多いです。IPアドレスさえ設定してしまえば、監視設定やアラート通知は、後から遠隔でいつでも変更する事ができます。

IPアドレスの設定画面は、ベンダー独自設定画面とBIOS設定画面の2種類が存在します。参考情報としてリモートコンソールのIPアドレス設定手順を2通り示します。しかし、リモートコンソールの設定手順はベンダーやファームウェアバージョンによって異なるため、以下手順は参考程度にしかならない事にご留意下さい。

ベンダー独自設定画面の場合

とあるサーバの場合の手順を紹介します。一番最初の画面で”<F4> ROM Utility”と書かれていますので、F4を押下します。

remote_console_001

お使いのキーボードを選択します。

remote_console_002

“BMC Configuration”を選択します。

remote_console_003

“BMC Configuration”を選択します。

remote_console_004

“Network”を選択します。

remote_console_005

“Property”を選択します。

remote_console_006

画面の指示に従って、IPアドレス等を設定します。ここで設定ミスしてしまうと遠隔からの操作ができなくなってしまうので、デフォルトゲートウェイの設定確認の意味を込めて、必ずリモートコンソールを収容していないセグメントからのpingによる疎通確認をしましょう

remote_console_007

BIOS設定画面の場合

Phoenix BIOSの場合は、BIOSからリモートコンソールを設定する事が多いです。”Server”タブの”BMC LAN Configuration”を押下します。

remote_console_008

画面の指示に従いIPアドレスを設定します。

remote_console_009

ipmitoolを使用する方法 コマンドラインによる設定方法

ipmitoolを使用してコマンドラインでリモートコンソールのIPアドレスを変更する事もできます。”ipmitool channel info”コマンドで、リモートコンソールが使用しているチャネル番号を調べます。

チャネル番号を0番から順に打ち込み、リモートコンソールが使用しているチャネル番号を調べます。”Channel Medium Type”が”802.3 LAN”となっているチャネルがリモートコンソールです。以下のような出力の場合は2番がリモートコンソールとなります。

“ipmitool lan set”コマンドでリモートコンソールのIPアドレスを変更する事ができます<channel_num>には、先ほど調べたチャネル番号を入れて下さい。

“ipmitool lan set”コマンドの使用例は以下の通りです。

設定した内容は、”ipmitool lan print”コマンドで確認できます。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする