仮想化ソフトウェア


仮想化ソフトウェア(VMware Player, Oracle VirtualBox, Microsoft Virtual PC 等)の比較やインストール方法のまとめを行います。仮想化ソフトウェアの用途には、商用用途と個人用途の2つの用途があると思いますが、このサイトでは個人用途を中心に取り扱います。

cloud_city_001

仮想化ソフトウェア インストール手順

仮想化ソフトウェアの比較

仮想化ソフトウェアVMware Player, VirtualBox, Virtual PCの比較を行ないます。個人用途サンドボックス環境選びに役立て下さい。

仮想化ソフトウェア VMware Player の使い方

VMware Playerは最も安定した個人環境ソフトウェアです。WindowsかつSIer勤務ならば、迷わずVMware Playerの使用をお勧めします。ただし、Windows専用のソフトウェアですので、MACやLinuxの方はVMware Playerを使用する事ができません。

仮想化ソフトウェア VirtualBox の使い方

Oracle VirtualBoxは最も高機能な仮想化ソフトウェアです。また、達人出版やブログ記事を見ると、Vagrant + VirutalBoxによる構築事例が多いので、手元の環境にVagrant + VirtualBoxがあれば設定をそのままコピペできます。WEB業界では、MACユーザが多い影響もあり、Vagrant + VirtualBoxがデファクトになりつつあります。

デメリットとして、VirtualBoxはネットワーク設定の不具合や分かりづらさがあります。私がWEB業界に勤めていた頃は、DHCP, NAT, DNS等のネットワークの基礎的な仕組みが分からず、どハマリしていた人を多く見ました。恐らく、ネットワークは苦手な人は流行に流されずVMware Playerを選んだ方が無難です

仮想化ソフトウェア Microsoft Virtual PC の使い方

Microsoft Virtual PCはMicrosoftの仮想化ソフトウェアです。Windows専用, 64bit非対応などの制約があり用途は限定的ですが、XP Modeという機能が非常に便利です。この機能を使用すると、簡単にWindows XPの仮想マシンを起動する事ができます。

仮想化ソフトウェア VMware Server の使い方 ( 開発停止 非推奨 )

VMware Serverはかつての仮想化ソフトウェアでした。現在は、VMware Workstationに名前を変え、有償商品になってしまいました。もし、VMware Serverを使用している人は、有償のVMware Workstationを使用するか、他製品への乗り換えを検討しましょう。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする