Panasonic MNO ファームウェア バージョンアップ

スポンサーリンク

パナソニックMNOシリーズのファームウェアバージョンアップ手順について説明します。現時点(2014/02/05)で私が軽く打鍵した感触としては、大幅な仕様変更があったように見えます。約2年前のバージョンではRRPやMSTがサポートされていませんでしたが、バージョンアップしたところ問題なくRRPやMSTが動作するようになりました。

ファームウェア ダウンロード

“パナソニック MNO データダウンロード”などのキーワードで検索し、ファームウェアをダウンロードできるURLを探します。現時点(2014/02/05)のURLは以下の通りです。

サポート情報|パナソニックLSネットワークス株式会社|Panasonic
スイッチングハブのサポート情報

該当の型番の製品について、”ファームウェアダウンロード”を押下します。

Panasonic MNO ファームウェアダウンロード

必要なファームウェアのバージョンのリンクを押下し、イメージファイルをダウンロードします。型番によっては2段階のバージョンアップが必要になる事もありますので、注意して下さい。

Panasonic MNO 2段階バージョンアップ

ダウンロードしたイメージをTFTPサーバ上に配置します。

ファームウェア バージョンアップ

以下のような”copy tftp”コマンドでファームウェアのバージョンアップができます。

Switch# copy tftp <addr> <file_name> image

実際にバージョンアップ作業を行った時の出力は以下のようになります。バージョンアップが完了すると自動的に再起動する事に注意して下さい。

SW2# copy tftp 192.168.0.100 pn23249k_v20085.rom image

 Downloading Image From Remote Server. (Press CTRL-C to quit downloading)
 Receive  2992138 bytes

System will automatically reset after image has been loaded into Flash.
タイトルとURLをコピーしました