1. コマンド一覧

このシナリオで重要なコマンド一覧は以下の通りです。

Router(config)# ppp profile <profile>
Router(config-ppp-<profile>)# authentication myname <local_chap_hostname>
Router(config-ppp-<profile>)# authentication password <remote_chap_hostname> <chap_password>l;

Router(config)# interface GigaEthernet0.1
Router(config-GigaEthernet0.1)# ppp binding <profile>
Router(config-GigaEthernet0.1)# ip address ipcp
Router(config-GigaEthernet0.1)# ip address dhcp receive-default

2. 仕様説明

2.1. CHAP認証の定義

以下のコマンドでPPP接続に関するパラメータを定義する事ができます。 多くの場合は、以下のようなコマンドでCHAPホスト名とCHAPパスワードを定義する事が多いと思います。 なお、CHAPホスト名は、資料によってはCHAPユーザ名と表記される事もあります。

Router(config)# ppp profile <profile>
Router(config-ppp-<profile>)# authentication myname <local_chap_hostname>
Router(config-ppp-<profile>)# authentication password <remote_chap_hostname> <chap_password>l;

"ppp profile"コマンドで定義したCHAPに関するパラメータは"ppp binging"コマンドで設定を適用します。 なお、設定の適用先はメインインターフェースではなく、サブインターフェースである事に注意して下さい。 すなわち、サブインターフェース番号は0ではなく1等を使用して下さい。 GigaEthernet0.1に対してPPPoE設定を適用して下さい。

Router(config)# interface GigaEthernet0.1
Router(config-GigaEthernet0.1)# ppp binding <profile>

2.2. IPアドレスの動的割当

PPPoEを使用する際は、インターネット事業者から動的にIPアドレスを割り当てられる事が多いと思います。 以下のようなコマンドでIPCPやDHCPによってIPアドレスを割り当てる事ができます。 IPCP(Internet Protocol Control Protocol)とは、 PPP接続する際にPPPサーバから動的にIPアドレスを受け取るプロトコルです。

Router(config)# interface GigaEthernet0.1
Router(config-GigaEthernet0.1)# ip address ipcp
Router(config-GigaEthernet0.1)# ip address dhcp receive-default

3. 動作確認環境

以下の構成で動作確認を行います。 R1はNEC IX2215で、R2はCisco3640であるベンダー混在環境にて動作確認を行います。

 [R1:IX2215]
hostname R1

 [R2:Cisco3640]
ip address-pool local
!
username CHAP_USER password 0 CHAP_PASSWORD
bba-group pppoe BBA
 virtual-template 1
!
interface Loopback0
 ip address 10.2.2.2 255.255.255.255
!
interface Ethernet0/0
 no ip address
 pppoe enable group BBA
!
interface Virtual-Template1
 ip address 192.168.12.2 255.255.255.0
 no peer neighbor-route
 peer default ip address pool R1
 ppp authentication chap
!
ip local pool R1 192.168.12.1

初期設定の全文は以下を参照下さい。 GNS3上のCisco3640と実機を組み合わせる方法については、GNS3 実ネットワークとの接続設定を参照下さい。

4. PPPoE 設定例

4.1. PPPoE 設定

以下のコマンドでCHAPホスト名とパスワードを定義します。 なお、不要なトラブルを避けるために、R1, R2で同一のCHAPホスト名を指定しております。

 [R1:IX2215]
ppp profile r2
 authentication myname CHAP_USER
 authentication password CHAP_USER CHAP_PASSWORD
!
interface GigaEthernet0.1
 ppp binding r2
 no shutdown

IPCPによってIPアドレスを取得するように設定します。

 [R1:IX2215]
interface GigaEthernet0.1
 ip address ipcp

4.2. PPPoE 動作確認

"show ip interface"の出力を確認します。 up状態である事と、IPCPによってIPアドレスを取得できている事を確認します。

 [R1:IX2215]
R1# show ip interface GigaEthernet0.1
Interface GigaEthernet0.1 is up, line protocol is up
  Internet address is 192.168.12.1/32
  Broadcast address is 255.255.255.255
  Peer address is 192.168.12.2
  Address determined by IPCP
  MTU is 1492 octets
  Directed broadcast forwarding is disabled
  Proxy ARP is disabled
  Local proxy ARP is disabled
  ICMP redirects are never sent
  IGMP is disabled
  TCP MSS adjustment size is 1452
R1#