2021-01

PostgreSQL

PostgreSQL 13 自動バキューム(AUTO VACUUM)

PostgreSQLはデータの更新が発生すると、更新した場所に対して「使用済」のフラグを立て新たにデータを追記する「追記型」と呼ばる他RDBMSとは異なるアーキテクチャを採用しています。「追記型」アーキテクチャはデータ更新が早いものの、「使...
2021.01.16
PostgreSQL

PostgreSQL 13 HOT(Heap Only Tuple)

PostgreSQLは追記型のアーキテクチャを採用しており、定期的に「使用済」となった不要な領域を回収するバキューム(VACUUM)と呼ばれる処理を考察しなければなりません。このバキューム(VACUUM)の発生頻度を抑制する仕組みとしてHO...
2021.01.16
PostgreSQL

PostgreSQL 13 インデックスのメンテナンス

PostgreSQLのインデックスのメンテナンス方法についてまとめます。PostgreSQLはデータのINSERTとDELETEを繰り返すと、インデックスの性能が徐々に劣化します。もし、劣化したならば、インデックスを再作成したりクラスタ化す...
PostgreSQL

PostgreSQL 13 統計情報の更新

PostgreSQLに限らず多くのRDBMSはどのようにデータベースを探索するのかが高速なのかの「実行計画」を立てます。クエリを発行する都度、データベースの大きさ等を計測するのは非現実的な計算量になるので、一定周期で計測する「統計情報」に基...
スポンサーリンク
タイトルとURLをコピーしました