1. DHCP 設定方法 | DHCPの有効化

NEC UNIVERGE IXルータでDHCPを使用するにはまずDHCPを有効にする必要があります。 以下のコマンドでDHCPを有効にする事ができます。

Router(config)# ip dhcp enable

2. DHCP 設定方法 | DHCPプロファイルの作成

DHCPプロファイルとは、どのようなパラメータをDHCPクライアントに割り当てるかの設定です。 まず、"ip dhcp profile"コマンドでDHCPプロファイル編集モードへ遷移します。 <profile>は任意の名前を付けて差支えございませんが、大文字小文字を区別する事はできません。

Router(config)# ip dhcp profile <profile>
Router(config-dhcp-<profile>)# 

以下のようなコマンドを用いてDHCPプロファイルを設定する事ができます。 理論上の最低限必要な設定は"assignable-range"のみですが、 企業ネットワークを作るならば、IPアドレス, デフォルトゲートウェイ, ドメイン名, DNSサーバ, リース期間は 明示的に定義する事をお勧めします。

Router(config-dhcp-<profile>)# assignable-range <low_addr> <high_addr>
Router(config-dhcp-<profile>)# default-gateway <address> 
Router(config-dhcp-<profile>)# domain-name <domain_name> 
Router(config-dhcp-<profile>)# dns-server <address> 
Router(config-dhcp-<profile>)# lease-time <second> 

3. DHCP 設定方法 | プロファイルの紐付

上記コマンドで作成したプロファイルを"ip dhcp binding"コマンドでルータに割り当てます。 プロファイルは複数作成する事ができますが、"ip dhcp bindin"コマンドで割り当てられた設定のみが 実際にクライアントに割り当てる設定になります。

Router(config)# ip dhcp binding <profile>

4. DHCP 設定方法 | 発展的な設定

DHCPプロファイルにやや高度な設定を投入する事もできます。 PXE bootを行いたいならば、"bootfile", "next-server"を定義する事もできます。

Router(config-dhcp-<profile>)# bootfile <file_name>
Router(config-dhcp-<profile>)# next-server <address>

DHCP optionにも対応しております。dhcp relay時にoptionを付与したい場合や DHCP snooping環境に対応したい場合はこのコマンドを利用して下さい。

Router(config-dhcp-<profile>)# option <decimal_num> {[ ascii | hex | ip ]} <value>