1. syslog ログ転送方法

Yamaha RTX シリーズは、ルータ内部にログを保存します。 しかし、保存されたログは再起動と同時に失われてしまうので、 ある程度の規模の会社ならば、ログはsyslogサーバに保存し後から追跡できるようにします。

syslogサーバにログを転送するには、syslogサーバのIPアドレスとファシリティを指定します。

# syslog host <address>
# syslog facility <facility>

2. syslog ログレベル変更

Yamaha RTX シリーズは、デフォルトでinfoレベルのログのみを出力します。 notice, debugレベルのログはデフォルトの状態で出力されません。 ログレベルを変更するには、以下のコマンドを使用します。

# syslog info [{ on | off }]
# syslog notice [{ on | off }]
# syslog debug [{ on | off }]

3. syslog 送信元interfaceの固定

ネットワークの構成変更や障害に伴ってsyslogに記載されたルータのIPアドレスが変わるのは、管理上の混乱を招きます。 "syslog local address"コマンドでsyslogを送信する際のIPアドレスを明示指定する事ができます。 一般的には、Loopbackアドレスのような安定したinterfaceを送信元として使用します。

# syslog local address <address>

4. syslog ログ確認方法

Yamaha RTX シリーズは、"show log"コマンドによってルータ内に保存されたログを閲覧する事ができます。

# show log
2014/02/24 19:19:35: [LUA] Lua script function was enabled.
2014/02/24 19:19:40: Previous EXEC: RTX1200 Rev.10.01.38 (Mon Jan 23 07:14:38 2012)
2014/02/24 19:19:40: Restart by cold start command
2014/02/24 19:19:40: RTX1200 Rev.10.01.38 (Mon Jan 23 07:14:38 2012) starts
2014/02/24 19:19:40: main:  RTX1200 ver=b0 serial=D26015372 MAC-Address=00:a0:de:65:49:b9 MAC-Address=00:a0:de:65:49:ba MAC-Address=00:a0:de:65:49:bb
2014/02/24 19:19:40: LAN2: link up (1000BASE-T Full Duplex)
2014/02/24 19:19:41: LAN1: PORT1 link up (1000BASE-T Full Duplex)
2014/02/24 19:19:41: LAN1: link up
2014/02/24 19:21:40: LAN2: link down
2014/02/24 19:21:43: LAN1: PORT1 link down
2014/02/24 19:21:43: LAN1: link down
2014/02/24 19:22:10: LAN1: PORT1 link up (1000BASE-T Full Duplex)
2014/02/24 19:22:10: LAN1: link up
2014/02/24 19:22:13: LAN2: link up (1000BASE-T Full Duplex)
2014/02/24 19:22:43: Login succeeded for TELNET: 192.168.100.100
2014/02/24 19:22:46: 'administrator' succeeded for TELNET: 192.168.100.100
#