Yamaha RTX ルータのsnmpgetに応答する設定例

スポンサーリンク

Yamaha RTX ルータでsnmpgetに応答するようになる設定例を紹介します。

動作確認環境

以下の構成で動作確認を行います。

Yamaha RTX ルータのsnmpgetに応答する設定例

 [R1:RTX1200]
login timer 3600
ip lan1 address 192.168.100.1/24
dhcp service server
dhcp server rfc2131 compliant except remain-silent
dhcp scope 1 192.168.100.2-192.168.100.191/24

 [Host100:CentOS6.5]
# vim /etc/rsyslog.conf
local6.*                                                /var/log/rtx.log

snmp 設定

snmp 設定投入

Yamaha RTX ルータ R1に、コミュニティ名 RO_MNS でsnmpによる読み取りが可能になるようにします。Yamaha RTX ルータは、デフォルト設定として全ホストからのsnmp接続が拒否されているので、”snmpv2c host”コマンドによって接続を許可するホストを明示指定する必要がある事に注意して下さい。

 [R1:RTX1200]
snmpv2c community read-only RO_MNS
snmpv2c host 192.168.100.100

snmp 動作確認

Host100において、snmpwalkコマンドを用いて R1のMIB値が読み取り可能である事を確認します。

 [Host100:CentOS6.5]
[root@localhost ~]# snmpwalk -v 2c -c RO_MNS 192.168.100.1 | head
SNMPv2-MIB::sysDescr.0 = STRING: RTX1200 Rev.10.01.38 (Mon Jan 23 07:14:38 2012)
SNMPv2-MIB::sysObjectID.0 = OID: SNMPv2-SMI::enterprises.1182.1.37
DISMAN-EVENT-MIB::sysUpTimeInstance = Timeticks: (75182) 0:12:31.82
SNMPv2-MIB::sysContact.0 = STRING:
SNMPv2-MIB::sysName.0 = STRING:
SNMPv2-MIB::sysLocation.0 = STRING:
SNMPv2-MIB::sysServices.0 = INTEGER: 12
IF-MIB::ifNumber.0 = INTEGER: 5746
IF-MIB::ifIndex.1 = INTEGER: 1
IF-MIB::ifIndex.2 = INTEGER: 2

contact / location

contact / location 設定投入

Yamaha RTX ルータ R1において、snmpのcontact, locationを設定します。

 [R1:RTX1200]
snmp syscontact "hoge@foobaa.com"
snmp syslocation "tokyo nerima dc 44A1217J 25U"

contact / location 動作確認

Host100において、R1のcontact, locationが読み取り可能である事を確認します。

 [Host100:CentOS6.5]
[root@localhost ~]# snmpwalk -v 2c -c RO_MNS 192.168.100.1 | egrep "sysContact|sysLocation"
SNMPv2-MIB::sysContact.0 = STRING: hoge@foobaa.com
SNMPv2-MIB::sysLocation.0 = STRING: tokyo nerima dc 44A1217J 25U
タイトルとURLをコピーしました