Yamaha RTX ルータのIPアドレス設定方法

スポンサーリンク

Yamaha RTX ルータのIPアドレス設定について説明します。Yamaha RTX ルータの場合は、”ip lan address”というコマンドを用いてIPアドレスを設定します。

LAN側(lan1)の設定

小規模環境向け(セグメントが1つの場合)

“ip lan address”コマンドでIPアドレスを設定する事ができます。lan1を指定した場合は、lan1のどのポートにPCを繋いだとしても、lan1に設定したIPアドレスに接続する事ができます。

# ip lan1 address <address/mask>

DHCPによるアドレス取得を行いたい場合は、”ip lan address dhcp”コマンドを使用します。

# ip lan1 address dhcp

VLANを使用する場合

ポートベースVLANを使用する場合は、以下のようにvlanに対してIPアドレスを設定します。詳細は、「Yamaha RTX ルータのポートVLAN設定例」を参照下さい。

# ip vlan<vlan_num> address <address/mask>

タグVLANを使用する場合は、以下のようにlan1/に対してIPアドレスを設定します。詳細は、「Yamaha RTX ルータのタグVLAN設定例」を参照下さい。

# ip lan1/<num> address <address/mask>

WAN側(lan2)の設定

WANに対してIPアドレスを付与する場合は「ip lan2 address」コマンドを使用します。RTX1200のようなやや大型の機器ではlan2とlan3の複数のWAN向けインターフェースを備えている事もあります。

# ip lan2 address <address/mask>

DHCPによるアドレス取得を行いたい場合は、”ip lan address dhcp”コマンドを使用します。

# ip lan2 address dhcp
タイトルとURLをコピーしました