1. 初期化

Yamaha RTXルータのコンソールケーブルは、やや特殊な形状なので入手するのが面倒かもしれません。 そこで私がお勧めする管理方法が、デフォルト設定のIPアドレスを利用してtelnet接続する方法です。

新品のRTXルータならば良いかもしれませんが、中には中古でRTXルータを手に入れた人もいるかもしれません。 そのような方は、以下の図で示した"microSD", "USB", "DOWNLOAD"の3つのボタンを押したままで電源を投入します。 すると工場出荷時の設定に初期化された状態でRTXルータが起動します。

Yamaha RTXルータ 向上出荷設定への初期化 リセット

2. 初期設定

Yamaha RTXルータの初期設定はIPアドレス192.168.100.1/24とDHCPが設定されています。 したがって、IPアドレス取得をDCHPの状態にしたクライアント端末をlan1のポートに接続すると、 telnetやWEBブラウザによる管理操作が可能な状態になります。

# Reporting Date: Feb 22 15:15:33 2014
ip lan1 address 192.168.100.1/24
dhcp service server
dhcp server rfc2131 compliant except remain-silent
dhcp scope 1 192.168.100.2-192.168.100.191/24
#

3. WEBブラウザによる操作

DHCPによるアドレス取得を確認したら、ブラウザで"http://192.168.100.1/"へアクセスします。 認証を求められますが、初期設定ではログインパスワードが未設定の状態ですので、 ユーザ名もパスワードも入力しない状態でOKを押下します。

Yamaha RTXルータ ログイン

"管理者向けトップページへ"を押下すると、ルータの設定変更が可能な画面へ遷移します。

Yamaha RTXルータ トップ画面

認証を求められますが、初期設定では特権パスワードが未設定の状態ですので、 ユーザ名もパスワードも入力しない状態でOKを押下します。

Yamaha RTXルータ 管理者画面

4. コマンドラインによる操作

telnetで192.168.100.1へアクセスするとコマンドラインによる操作が可能です。 但し、お好みのターミナルソフトを使う場合はやや注意が必要です。 恐らく多くの人は、デフォルト設定の状態で以下のような文字化けが発生すると思います。

Yamaha RTXルータ 文字化け 発生

これは、Yamaha RTXルータのヘルプストリングやエラーメッセージがSJISの日本語になっているためです。 Yamaha RTXルータはUTF-8をサポートしていないため、ターミナルソフト側の設定を変更し、文字化けを回避しましょう。 Yamaha RTXルータのデフォルト設定は"SJIS"です。

Yamaha RTXルータ 文字コードの設定変更

文字化けが解消されると以下のように出力されます。

Yamaha RTXルータ 文字化け 解消

5. 管理ユーザ

Yamaha RTXルータには一般ユーザ管理ユーザという概念があります。 一般ユーザは閲覧専用で、管理ユーザは設定変更が可能なユーザです。 以下のように"administrator"コマンドを入力すると管理ユーザになる事ができます。 初期状態ではパスワードが設定されていませんので、"Password:"というプロンプトに対してそのままエンターを入力します。

> administrator
Password:
#

一般ユーザに戻るには、"exit"を入力します。

# exit
>