1. 動作確認環境

以下の構成で動作確認を行います。

 [R1:RTX1200]
login timer 3600
ip lan1 address 192.168.100.1/24
dhcp service server
dhcp server rfc2131 compliant except remain-silent
dhcp scope 1 192.168.100.2-192.168.100.191/24

初期設定の全文は以下を参照下さい。

2. ポートベースVLAN

2.1. ポートベースVLAN lan type変更

lan1をポートベースVLAN専用のlan typeへ変更します。

 [R1:RTX1200]
# lan type lan1 port-based-option=divide-network

lan type変更後の設定ファイル全文を確認します。 lan typeを変更すると、Yamaha RTX ルータが空気を読んで、lan1に対する設定をvlan1に対する設定に変換している事が読み取れます。

 [R1:RTX1200]
# show config
# RTX1200 Rev.10.01.38 (Mon Jan 23 07:14:38 2012)
# MAC Address : 00:a0:de:65:49:b9, 00:a0:de:65:49:ba, 00:a0:de:65:49:bb
# Memory 128Mbytes, 3LAN, 1BRI
# main:  RTX1200 ver=b0 serial=D26015372 MAC-Address=00:a0:de:65:49:b9 MAC-Addr
ess=00:a0:de:65:49:ba MAC-Address=00:a0:de:65:49:bb
# Reporting Date: Feb 22 20:12:03 2014
login timer 3600
lan type lan1 port-based-option=divide-network
ip vlan1 address 192.168.100.1/24
dhcp service server
dhcp server rfc2131 compliant except remain-silent
dhcp scope 1 192.168.100.2-192.168.100.191/24
#

2.2. ポートベースVLAN ポートとVLANの紐付け

port5,6,7,8をvlan2に紐づけます。

 [R1:RTX1200]
# vlan port mapping lan1.5 vlan2
# vlan port mapping lan1.6 vlan2
# vlan port mapping lan1.7 vlan2
# vlan port mapping lan1.8 vlan2

2.3. ポートベースVLAN IPアドレスの設定

interface vlan 2にIPアドレスを割り当てます。

 [R1:RTX1200]
# ip vlan2 address 192.168.2.1/24

2.4. ポートベースVLAN 動作確認

"show status lan1"コマンドで、LAN1のIPアドレスとポート状態(Link Up/Down, Duplex, Speedなど)を確認する事ができます。 なお、ポートとVLANの紐付関係については"show config"で確認せざるを得ないようです。

 [R1:RTX1200]
# show status lan1
VLAN1
説明:
IPアドレス:                     192.168.100.1/24
VLAN2
説明:
IPアドレス:                     192.168.2.1/24
VLAN3
説明:
IPアドレス:
VLAN4
説明:
IPアドレス:
VLAN5
説明:
IPアドレス:
VLAN6
説明:
IPアドレス:
VLAN7
説明:
IPアドレス:
VLAN8
説明:
IPアドレス:
イーサネットアドレス:           00:a0:de:65:49:b9
動作モード設定:                 Type (Link status)
               PORT1:           Auto Negotiation (1000BASE-T Full Duplex)
               PORT2:           Auto Negotiation (Link Down)
               PORT3:           Auto Negotiation (Link Down)
               PORT4:           Auto Negotiation (Link Down)
               PORT5:           Auto Negotiation (1000BASE-T Full Duplex)
               PORT6:           Auto Negotiation (Link Down)
               PORT7:           Auto Negotiation (Link Down)
               PORT8:           Auto Negotiation (Link Down)
最大パケット長(MTU):            1500 オクテット
プロミスキャスモード:           OFF
送信パケット:                   413 パケット(33696 オクテット)
  IPv4(全体/ファストパス):      382 パケット / 0 パケット
  IPv6(全体/ファストパス):      7 パケット / 0 パケット
受信パケット:                   1288 パケット(84277 オクテット)
  IPv4:                         938 パケット
  IPv6:                         173 パケット
未サポートパケットの受信:       143
受信フレーミングエラー:         5
#

Yamaha RTXルータ R1からHost100, Host101への疎通が可能である事を確認します。

 [R1:RTX1200]
# ping 192.168.100.100
192.168.100.100から受信: シーケンス番号=0 ttl=127 時間=0.468ミリ秒
192.168.100.100から受信: シーケンス番号=1 ttl=127 時間=0.406ミリ秒
192.168.100.100から受信: シーケンス番号=2 ttl=127 時間=0.407ミリ秒

3個のパケットを送信し、3個のパケットを受信しました。0.0%パケットロス
往復遅延 最低/平均/最大 = 0.406/0.427/0.468 ミリ秒
#
#
# ping 192.168.2.101
192.168.2.101から受信: シーケンス番号=0 ttl=127 時間=1.478ミリ秒
192.168.2.101から受信: シーケンス番号=1 ttl=127 時間=0.467ミリ秒
192.168.2.101から受信: シーケンス番号=2 ttl=127 時間=0.435ミリ秒

3個のパケットを送信し、3個のパケットを受信しました。0.0%パケットロス
往復遅延 最低/平均/最大 = 0.435/0.793/1.478 ミリ秒
#