1. 動作確認環境

以下の構成で動作確認を行います。

 [R1:RTX1200]
login timer 3600
ip lan1 address 192.168.100.1/24
dhcp service server
dhcp server rfc2131 compliant except remain-silent
dhcp scope 1 192.168.100.2-192.168.100.191/24

初期設定の全文は以下を参照下さい。

2. ポート分離機能

2.1. ポート分離機能 設定投入

Yamaha RTX1200 ルータ R1にポート1とポート2,3,4,5,6,7,8を分離する設定を投入します。

 [R1:RTX1200]
lan type lan1 port-based-option=split-into-1:2345678

2.2. ポート分離機能 動作確認

Host100, Host200間での疎通ができない事を確認します。

 [Host100:Windows7]
C:\Users\Host100>ping 192.168.100.101

192.168.100.101 に ping を送信しています 32 バイトのデータ:
192.168.100.100 からの応答: 宛先ホストに到達できません。
192.168.100.100 からの応答: 宛先ホストに到達できません。
192.168.100.100 からの応答: 宛先ホストに到達できません。
192.168.100.100 からの応答: 宛先ホストに到達できません。

192.168.100.101 の ping 統計:
    パケット数: 送信 = 4、受信 = 4、損失 = 0 (0% の損失)、

C:\Users\Host100>

Yamaha RTXルータ R1からは、Host100, Host200への疎通が可能である事を確認します。

 [R1:RTX1200]
# ping 192.168.100.100
192.168.100.100から受信: シーケンス番号=0 ttl=127 時間=0.369ミリ秒
192.168.100.100から受信: シーケンス番号=1 ttl=127 時間=0.403ミリ秒
192.168.100.100から受信: シーケンス番号=2 ttl=127 時間=0.417ミリ秒

3個のパケットを送信し、3個のパケットを受信しました。0.0%パケットロス
往復遅延 最低/平均/最大 = 0.369/0.396/0.417 ミリ秒
#
#
# ping 192.168.100.101
192.168.100.101から受信: シーケンス番号=0 ttl=127 時間=0.431ミリ秒
192.168.100.101から受信: シーケンス番号=1 ttl=127 時間=0.417ミリ秒
192.168.100.101から受信: シーケンス番号=2 ttl=127 時間=0.412ミリ秒

3個のパケットを送信し、3個のパケットを受信しました。0.0%パケットロス
往復遅延 最低/平均/最大 = 0.412/0.420/0.431 ミリ秒
#