1. コンフィグの保存

Yamaha RTX ルータは"save"コマンドで設定を保存する事ができます。

# save

2. コンフィグの確認

現在保存されている設定一覧は"show config list"によって確認する事ができます。 showコマンドの出力の通り、Yamaha RTX ルータは設定の世代管理がなされている事が分かります。

# show config list
No.   Date       Time     Size    Sects   Comment
----- ---------- -------- ------- ------- ------------------------------------
* 0   2014/02/22 17:55:09     226 125/125
  0.1 2014/02/22 17:54:37     226 126/126
----- ---------- -------- ------- ------- ------------------------------------
#

現在動作中のコンフィグを確認するには"show config"と入力します。

# show config

 <omitted>

過去のコンフィグを確認するには"show config"の後にファイル名を入力する事ができます。 なお、過去の設定を閲覧するには"Login Password"と"Administrator Password"が必要になります。

# show config 0.1
Input passwords of CONFIG0.1
Login Password:
Administrator Password:

 <omitted>

3. 複数設定およびコメントの記入

"save"コマンドの後に0番から4番までの番号を指定する事で、最大5つまでの設定を管理する事ができます。 この番号を省略した場合は、0番に保存されます。 番号の後には任意でコメントを記入する事もできます。

# save <num> [ <comment> ]

複数設定およびコメントの使用例は以下の通りです。

# show config list
No.   Date       Time     Size    Sects   Comment
----- ---------- -------- ------- ------- ------------------------------------
* 0   2014/02/22 17:39:01     236 125/125 通常の設定
  0.1 2014/02/22 16:01:48     236 126/126 通常の設定
  0.2 2014/02/22 15:46:44     218 124/124 通常の設定
  3   2014/02/22 15:46:52     218 123/123 DHCP開発中
----- ---------- -------- ------- ------- ------------------------------------
#

通常は0番のコンフィグを用いてYamaha RTX ルータが起動しますが、 "set-default-config"で起動時のコンフィグを切り替える事ができます。

# set-default-config <num>