CML2 (Cisco Modeling Labs 2.0) のライセンスアクティベート操作

スポンサーリンク

CML2(Cisco Modeling Lab version 2.0)のラインセンスのアクティベート方法を説明します。CML2はシスコシステムズ合同会社が正式に提供しているネットワークエミュレータです。このエミュレータはライセンスサーバと通信しますので初回アクティベート時はインターネットとの接続が必要ですが、ライセンスサーバと通信ができなくても30日は継続して使用する事ができます。

Registration Tokenの発行

Cisco Learning Networkの購入履歴ページを表示します。「2.0 License」を押下するとライセンスが表示されます。

CML2 Registration Tokenの発行01

ライセンスキーの右側あたりに「Copy to Clipboard」のボタンがありますので、これをクリックしてライセンスキーをクリップボードにコピーします。

CML2 Registration Tokenの発行02

ライセンスの登録

CML2のラボ画面へログインします。

CML2 ライセンスキーの登録01

「Tools」「Licensing」の順に押下します。

CML2 ライセンスキーの登録02

「Register」を押下します。

CML2 ライセンスキーの登録03

さきほどのライセンスキーを貼り付けます。

CML2 ライセンスキーの登録04

「Registered」「Authorized」と表示されるまで待ちます。

CML2 ライセンスキーの登録05

タイトルとURLをコピーしました