CML2 (Cisco Modeling Labs 2.0) のインストール方法

スポンサーリンク

CML2(Cisco Modeling Lab version 2.0)のインストール方法を説明します。CML2はシスコシステムズ合同会社が正式に提供しているネットワークエミュレータです。Cisco IOS-XE, NX-OSなどのシスコ製品の動作確認が出来る製品で、単なる学習用途だけではなく、エンタープライズ環境のテスト用途としても十分利用できる高機能なネットワークエミュレータです。

CML2 概要

CML2(Cisco Modeling Lab version 2.0)は、Cisco IOS-XE, Cisco NX-OSなどを使用できる仮想環境です。

これらソフトウェアは誰でもダウンロードできるわけではなく、Ciscoのパートナー企業勤務の方しか検証できないものでした。今日では、パートナー企業勤務ではない方でも、CML2を購入すればCisco製品の検証が誰でも出来るようになりました。ライセンス費用も年額199ドルの破格設定です。

CML2で動作確認が可能なソフトウェアはCML2 リリースノートに記載されています。2020/04/09時点で動作確認が可能なイメージ一覧を以下に転記します。

Platform/Image Description Version
ASAv Cisco ASA firewall image 9.12.2
CSR 1000v IOS-XE Cloud Services Router 16.11.01b
IOS XRv IOS XR classic image (32-bit, deprecated) 6.3.1
IOS XRv 9000 IOS XR 64-bit image 6.6.2
Nexus 7000v NX-OS layer 3 image (deprecated) 7.3.0.d1.1
Nexus 9000v NX-OS layer 2/3 image 9.2.3
IOSv IOS classic layer 3 image 15.8(3)
IOSv L2 IOS classic layer 2/3 switch image 15.2
Linux Images Description Version
TRex Linux-based image with Cisco’s packet generator 2.6.5
WAN Emulator Linux-based image that provides WAN-like delay, jitter, and loss effects to links 3.10
Alpine Linux Desktop Alpine Linux image that provides a graphical, Xfce interface 3.10
Tiny Core Linux Tiny Core Linux server image 8.2.1
Ubuntu 18.04 Full-featured Ubuntu server image using cloud-init YAML configuration 18.04.3 LTS
CoreOS Linux container-focused OS using cloud-init YAML configuration 2135.4.0

CML2はVMware製品群上での動作がサポートされています。サポートされる最低ハードウェアスペックと仮想化環境はCML2 Quick Startに記載されています。転記すると以下の通りです。

リソース 最低スペック
メモリ 8GB
CPU 4core(物理コア)
ネットワーク(NIC) 1インターフェース
ディスク 16GB
仮想化プラットフォーム バージョン
VMware Workstation 14以上
VMware Fusion Pro 10以上
VMware Player 14以上
VMware ESXi 6.5以上

CML2 注意点

Windows OS上でVMware Player, VMware Workstationを使用する場合は、VMware製品とHyper-Vが併用できない(排他関係である)事に注意ください。Hyper-VはDockerやWSL2が内部的に使用しますので、DockerやWSL2が使えなくなってしまう事に充分注意ください。

CML2の導入

CML2の購入手続き

Cisco DevNetのCML2紹介ページで、画面を下の方へスクロールさせます。すると、Enterprise VersionとPersonal Versionの購入画面へのリンクがあります。以下、Personal Versionを購入する前提で説明を続けます。

CML2の購入画面01

Ciscoアカウントを持っている人は「Login」からログイン操作を、Ciscoアカウントを「Register」からアカウント作成操作を行います。

CML2の購入画面02

ログインしている状態で「Add to Cart」を押下し、購入手続きへと移ります。

CML2の購入画面03

CML2のダウンロード

購入手続き完了後は「My Account」を押下すると、何度でもCML2をダウンロードする事ができます。「My Account」を押下し購入済製品一覧画面へと移ります。

CML2のダウンロード手続き01

「Download」を押下し、ダウンロードページに移ります。

CML2のダウンロード手続き02

「cml2_p_controller-2.X.X-XX.el8.x86_64-XX.ova」「refplat_p-YYYYMMDD-fcs.iso」の2つのファイルをダウンロードします。

CML2のダウンロード手続き03

CML2のデプロイ

ダウンロードしたovaファイルをVMware製品にインポートします。

CML2のデプロイ01

仮想マシンの起動前に仮想マシンの設定を編集します。以下の要件を満たすように設定ください。

スクリーンショットはWindows, VMware Workstationのものを掲載していますが、Mac OS, ESXiなども同様にサポートされます。

設定項目 要件
CPU(1) 4コア以上
CPU(2) 「Intel VT-x/EPTまたはAMD-RVIを仮想化」を有効に
メモリ 8G以上
ハードディスク 32G以上
DC/DVD(1) 「refplat_p-YYYYMMDD-fcs.iso」を参照
DC/DVD(2) 「起動時に接続」
ネットワークアダプタ 「NAT」または「ブリッジ」

CML2からインターネットへ接続するような「中から外」への通信は「NAT」「ブリッジ」のどちらでも差支えありませんが、「外から中」への通信が必要となるような検証を行いたいならば「ブリッジ」を選んでおきましょう。

CML2のデプロイ02

CML2のインストールウィザード

仮想マシンの編集が終わりましたら、仮想マシンを起動します。

CML2のインストールウィザード01

以降、インストールウィザードのメッセージに沿って、設定変更を行います。

「Continue」を押下します。

CML2のインストールウィザード02

「Accept EULA」を押下します。

CML2のインストールウィザード03

「Continue」を押下します。

CML2のインストールウィザード04

「Continue」を押下します。

CML2のインストールウィザード05

「CML-Personal」「CML-Enterprise」はライセンスを購入した方を選択した状態にして、「Continue」を押下します。

CML2のインストールウィザード06

管理画面へログインするためのユーザ名とパスワードを入力します。この時、英字キーボードになっていますので、記号をパスワードで使用する場合は十分に注意ください。

CML2のインストールウィザード07

ラボ画面へログインするためのユーザ名とパスワードを入力します。この時、英字キーボードになっていますので、記号をパスワードで使用する場合は十分に注意ください。

CML2のインストールウィザード08

IPアドレスを「Static」に付与するか「DHCP」で付与するかを選択し、「Continue」を押下します。

以下「Static」を選んだ場合の設定例を紹介します。

CML2のインストールウィザード09

IPアドレスなどを入力し、「Continue」を押下します。

CML2のインストールウィザード10

「Continue」を押下します。

CML2のインストールウィザード11

設定が完了するまで待ちます

CML2のインストールウィザード12

CML2が起動すると以下のような画面が表示されます。以降、ブラウザでの操作が可能です。

CML2のインストールウィザード13

CML2の管理画面へのログイン確認

ブラウザでtcp9090ポートへアクセスすると、CML2の管理画面へアクセス可能です。管理画面へログイン可能かどうかを確認しましょう。

CML2の管理画面へのログイン確認01

ログインに成功すると以下のような画面が表示されます。

CML2の管理画面へのログイン確認02

CML2のラボ画面へのログイン確認

ブラウザでtcp443ポートへアクセスすると、CML2のラボ画面へアクセス可能です。管理画面へログイン可能かどうかを確認しましょう。

CML2のラボ画面へのログイン確認01

ログインに成功すると以下のような画面が表示されます。

CML2のラボ画面へのログイン確認02

タイトルとURLをコピーしました