Panasonic MNO 操作方法の説明

スポンサーリンク

パナソニックMNOスイッチは、CLI, Menu, GUIの3種類の設定方法を備えています。まずはコンソールケーブル経由でログインし、設定ができる状態になるまでの手順を説明します。

自己診断

コンソールケーブルを接続した状態で、ルータを起動します。起動すると、まず自己診断(POST : Power On Self Test)が実施されます。診断結果が”OK”または”Passwd”と表示される事を確認します。

Memory test....OK

Decompressing...OK
System database initialization ... OK
ICS unit 0: Dev 0xB025, Rev 0x11, Chip BCM56025_B0, Driver BCM56224_B0
Attaching SOC unit 0...

BCM unit 0: SOC registers test ... Passed
BCM unit 0: PHY registers test ... Passed
BCM unit 0: MAC loopback test .... Passed
BCM unit 0: PHY loopback test .... Passed
Fan sensor test .................. Passed
PoE test ......................... Passed

Checking Image Bank Integrity ........ OK

Booting system
Decompressing...OK

OS Init complete
sal_core_init completed
sal_appl_init completed
Broadcom Command Monitor: Copyright (c) 1998-2007 Broadcom Corporation
ICS unit 0: Dev 0xB025, Rev 0x11, Chip BCM56025_B0, Driver BCM56224_B0
SOC unit 0 attached to PCI device BCM56025_B0
SOC unit 0 attached
Loading the rc.soc file
rc: unit 0 device BCM56025_B0
rc: MMU initialized
rc: BCM driver initialized.
rc: L2 Table shadowing enabled
rc: Port modes initialized

 Console Task creation is successful

 Telnet Task creation is successful

ログイン

Postが終了するとユーザ認証を求められます。初期設定はユーザ名“manager”、パスワード“manager”です。

 ==============================================================================
 PN23249K Local Management System Version 2.0.0.73
 MAC Address: 00:C0:8F:2E:10:3B

 ==============================================================================

 Login Menu

 Login:

Panasonic MNO ログイン操作

3つの設定方法

概要

パナソニック MNOシリーズは、以下3つの設定方法を備えています。勤務先の文化やエンジニアのスキルセットに応じて、使いやすい設定方法を採用すると良いでしょう。

  • WEB GUI – ブラウザによる操作
  • Menu – 対話形式の操作
  • CLI – コマンドラインによる操作

WEB GUI

パナソニック MNOスイッチは、ブラウザによる操作機能を備えています。

Panasonic MNO Web UI操作

Web GUIの非常に優れている機能は、interface, VLAN等の一括設定です。CLIモードで”interface range”コマンドが存在しないので、一部GUIの方が優れている機能もあります。

Panasonic MNO WEB UI 一括設定

対話式メニュー

以下画面のような対話形式の操作が、パナソニックが一番推奨する設定方法です。なお、この画面でCを押下するとCLI画面になります。

Panasonic MNO メニュー操作

CLI

コマンドライン操作も可能です。但し、「タブ2回でヘルプストリングがでない」「一部短縮コマンドが許されずコマンドの完全一致が求められる」などの若干の使いづらさはあります。

なお、設定全文を確認できるのは、CLIモードの”show run”コマンドのみです。他のモードでは、該当の機能のみしか設定が表示されないので、スイッチ機器間の差分を確認したい時はこのモードを使用すると良いでしょう。

Panasonic MNO CLI操作

タイトルとURLをコピーしました