Nested ESXiの検証と併用しやすいvlan trunk設定と内部スイッチ

スポンサーリンク

Nested ESXiに限った話ではないですが、検証の構成によって物理的な結線を変更するのはかなりの手間です。論理的なネットワーク構成も可能な限りで仮想化して、物理的な操作なしに構成変更できるようにしておけば検証効率は大幅にアップします。このページでは、Nested ESXiと併用すると便利なvlan trunkの設定と内部スイッチの設定を紹介します。


vlan trunk

標準仮想スイッチ

標準仮想スイッチ(VSS)と分散仮想スイッチ(VDS)は、仮想マシンが付与したvlanタグをそのまま素通りさせる事ができます。ネットワーク機器に精通している人ならば「switchport mode trunk」相当の設定とイメージすれば良いでしょう。

vlanタグを素通りさせるには、ポートグループのvlanに対して「4095」を設定します。以下構成図のように親ESXi側(ESXi181)でvlan 4095を設定すると、子ESXi側(ESXi142)で付与したvlanタグをそのまま素通しする事ができます。

vmware trunk検証構成図

親ESXi側(ESXi181)のポートグループに対して、VLAN IDに「4095」を設定します。この設定を入れる事でvlanタグが素通しの状態になります。

vmware trunkの動作確認 01

子ESXi側(ESXi142)にPortGroup0002というvlanタグ「2」を付与するポートグループを作成します。

vmware trunkの動作確認 02

このポートグループを仮想マシンに割り当てます。

vmware trunkの動作確認 03

Nested ESXi内部の仮想マシンまでpingが届くようになった事を確認します。

[root@centos010 ~]# ping 192.168.2.80 -c 3
PING 192.168.2.80 (192.168.2.80) 56(84) bytes of data.
64 bytes from 192.168.2.80: icmp_seq=1 ttl=64 time=0.566 ms
64 bytes from 192.168.2.80: icmp_seq=2 ttl=64 time=0.634 ms
64 bytes from 192.168.2.80: icmp_seq=3 ttl=64 time=0.398 ms

--- 192.168.2.80 ping statistics ---
3 packets transmitted, 3 received, 0% packet loss, time 1999ms
rtt min/avg/max/mdev = 0.398/0.532/0.634/0.102 ms

分散仮想スイッチ

検証シナリオは例示しませんが、分散仮想スイッチ(VDS)でも同等の操作が可能です。分散仮想スイッチの場合は、ポートグループのVLAN設定で「VLANトランク」を選びます。

分散仮想スイッチにtrunkを設定する方法

VMware用語の整理

このようなvlanタグを素通しさせる設定は「トランク(trunk)」と呼ぶ事が多いですが、VMwareはVGT(Virtual Guest Tagging : 仮想ゲスト タギング)というやや変わった用語を使っています。VMwareのサポートと会話する時以外はほぼ役立たないと思いますが、VMwareはvlanタグを付ける位置に着目して以下のような名称を使っています。頭の片隅に置いておくと、コミュニケーションを円滑に進められるかもしれません。

用語 意味
EST 外部スイッチタギング(External Switch Tagging)の略称。ポートグループのVLAN IDに「0」を設定する。VMware外にあるスイッチでVLANタグを付与する事を想定している。
VST 仮想スイッチタギング(Virtual Switch Tagging)の略称。ポートグループのVLAN IDに1から4094までの値を入力すると、VMware内の仮想スイッチでVLANタグを付与される。
VGT 仮想ゲストタギング(Virtual Guest Tagging)の略称。ポートグループのVLAN IDに「4095」を設定すると、VMware内の仮想スイッチがVLANタグを素通りさせる。仮想マシン側でVLANタグがつけられる事を想定している。

内部スイッチ

物理NICと紐づかない内部的なスイッチに仮想マシンを収容すると、物理ネットワークを介さない通信になるため、低スペック環境でもある程度は快適に操作できます。以下、物理ネットワークを介さない構成例と、その構成を作る操作を説明します。

構成図

以下のような構成を作成します。このような構成にすると、vlan2同士とvlan3同士が仮想スイッチinternal02を介して互いに疎通可能になります。以下、この構成を作成するための操作を説明します。

内部スイッチの構成図

親ESXi側の操作

内部的なスイッチを作成します。「標準仮想スイッチの追加」を押下します。

親ESXi側の操作 01

vSwitch名を入力し、物理的なNICと紐づかないようにアップリンクの「X」ボタンを押下しアップリンクを削除します。

親ESXi側の操作 02

セキュリティタブを開き「無差別モード」「MACアドレス変更」「偽装転送」を許可します。

親ESXi側の操作 03

「ポートグループ」を押下します。

親ESXi側の操作 04

ポートグループ名を入力し、vlanを素通し(trunk)するようにVLAN IDに4095を入力します。セキュリティ設定はデフォルト設定である「vSwitchから継承」になっている事を確認します。

親ESXi側の操作 05

親ESXi側からの操作で、子ESXiのNICを「pg_trunk」と紐づけます。

親ESXi側の操作 06

子ESXi側の操作

「標準仮想スイッチの追加」を押下します。

子ESXi側の操作 01

「アップリンク1」は適切な仮想NICを選択ください。その後、「追加」ボタンを押下し、仮想スイッチを作成します。

子ESXi側の操作 02

「アップリンクの追加」を押下します。

子ESXi側の操作 03

「アップリンク2」に適切な仮想NICを選択し、「保存」を押下します。

子ESXi側の操作 04

「ポートグループの追加」を押下します。

子ESXi側の操作 05

「名前」と「VLAN ID」を入力します。仮想スイッチは先ほど作成した「vSwitch1」を選びます。

子ESXi側の操作 06

先ほど作成したポートグループを仮想マシンに割り当てます。

子ESXi側の操作 07

タイトルとURLをコピーしました