vCenterのインストール方法(DNSなし)

スポンサーリンク

DNSがない環境でvCenterをインストールする方法をまとめます。この方法を使用すると、FQDNではなくIPアドレスでvCenterへアクセスする事が可能になります。Stage 2で間にdnsmasqueを編集する一手間が必要です。

サポート対象外のインストール手法ですので、自己責任で利用ください。

VCSA(vCenter Server Appliance)のダウンロード

Download VMware vSphereをブラウザで開きます。「VMware vCenter Server 7.0」を押下します。

バージョンは適宜変更ください

VCSAのダウンロード01

「VMware vCenter Server and Modules VMware vCenter Server Appliance」と書かれているファイルサイズが大きい方の「DOWNLOAD NOW」を押下します。

ファイルサイズが小さい方はバージョンアップ専用のファイルです

VCSAのダウンロード02

「I agree to the terms and conditions outline in the End User License Agreement」にチェックを入れ、「ACCEPT」を押下します。すると、ダウンロードが開始されます。

VCSAのダウンロード03

VCSAのインストール

インストーラーの起動

ダウンロードしたisoファイルをマウントします。Windowsの場合は、ダブルクリックでisoファイルをマウントする事ができます。

VCSA インストーラーの起動 01

「vcsa-ui-installer\win32」へフォルダ移動し、「installer.exe」を実行します。

64bit Windowsでもwin32ディレクトリで差し支えございません

VCSA インストーラーの起動 02

Stage 1

VCSAのインストールはStage 1とStage 2の2段階に分かれています。

「Install」を押下します。

VCSA Stage 1 インストール 01

「Next」を押下します。

VCSA Stage 1 インストール 02

「I Accept the terms of the license agreement」にチェックを入れ、「Next」を押下します。

VCSA Stage 1 インストール 03

vCenterをインストールするESXiホストのIPアドレスと認証情報(ユーザ名とパスワード)を入力し、「Next」を押下します。

VCSA Stage 1 インストール 04

フィンガープリントが表示されますので、「Yes」を押下します。

VCSA Stage 1 インストール 05

vCenterの仮想マシン名(ESXiやvCenterで表示されるマシンの名)とrootパスワードを入力し、「Next」を押下します。

ここで入力するのはブラウザでログインする時のパスワードではなく、コンソールやSSHでログインする時のパスワードです。

VCSA Stage 1 インストール 06

vCenterのスペックを選び、「Next」を押下します。

Tinyはかなり動作が重たいのでスペックに余裕があるならばSmall以上にしておきましょう。

VCSA Stage 1 インストール 07

データストアを選択します。また、ここでThickかThinを選ぶ事ができます。選択後、「Next」を押下します。

商用の高価なストレージならば圧縮重複排除機能が効くのでThickが有用ですが、自宅環境のような貧弱な環境ならばThinを選んでディスクサイズを節約しても良いかもしれません。

VCSA Stage 1 インストール 08

DNSが存在しない環境ではここが注意を払うポイントです。FQDNにはvCenterと同じIPアドレスを入力して下さい。DNSサーバは名前解決できなくても良いので、何らかのDNSサーバを指定して下さい。自宅検証のような小規模環境ならば、内部用名前解決のDNSではなく、外部用のDNSを指定しておくのが無難でしょう。DNSサーバの設定は後述手順で削除しますが、この時点で設定を入れておかないとStage 2で先に進む事ができません。

VCSA Stage 1 インストール 09

設定確認画面です。「Finish」を押下します。

VCSA Stage 1 インストール 10

インストールが完了するまで待ちます。90%くらいで長い事の待ち時間が発生しますが、これは仕様です。気長に待ちましょう。

VCSA Stage 1 インストール 11

インストール完了後、「Continue」を押下します。

VCSA Stage 1 インストール 12

Stage 2 前半

「Next」を押下します。

VCSA Stage 2 インストール 前半 01

vCenterがホストOSと時刻同期するか、それともNTPサーバと時刻同期するかを選びます。また、SSHによるログインを許可するかどうかを選びます。選択完了後、「Next」を押下します。

この後、vCenterにSSHログインしての操作を想定しています。コンソール経由の操作はかなり不便ですので、SSHの有効化をおすすめします。

VCSA Stage 2 インストール 前半 02

この画面まで来たら、SSH可能な状態になりますので、VCSAのインストーラーの画面は一旦放置し、dnsmasqなどの操作を行います。

VCSA Stage 2 インストール 前半 03

dnsmasqなどの変更

vCenterへSSHでログインします。

vCenterへのログイン

「shell」と入力すると、vCenterでshellが使えるようになります。

Command> shell
Shell access is granted to root
root@localhost [ ~ ]# 

/etc/hostsをviなどで編集し、localhostに対する逆引きが自身のIPアドレスになるようにしてください。

# vi /etc/hosts
# Begin /etc/hosts (network card version)

127.0.0.1   localhost.localdomain
127.0.0.1   localhost
# End /etc/hosts (network card version)

192.168.1.100 localhost localhost.localdomain

デフォルトの状態で/etc/hostsを名前解決しない「no-hosts」が設定されている状態なので、これをコメントアウトします。また、/etc/resolv.confを無視する「no-resolv」と、プライベートアドレスを上位DNSに問い合わせない「bogus-priv」を追記します。

# vi /etc/dnsmasq.conf 
listen-address=127.0.0.1
bind-interfaces
user=dnsmasq
group=dnsmasq

no-negcache
#no-hosts
log-queries
log-facility=/var/log/vmware/dnsmasq.log
domain-needed
dns-forward-max=150
cache-size=8192
neg-ttl=3600

no-resolv
bogus-priv

dnsmasqを再起動し設定を反映させます。

systemctl restart dnsmasq.service 

逆引きと正引きが以下のようになれば、想定通りです。

root@localhost [ ~ ]# nslookup 192.168.1.100
100.1.168.192.in-addr.arpa  name = localhost.

root@localhost [ ~ ]# nslookup localhost
Server:   127.0.0.1
Address:  127.0.0.1#53

Name: localhost
Address: 192.168.1.100
Name: localhost
Address: 127.0.0.1

root@localhost [ ~ ]# 

Stage 2 後半

dnsmasqの設定が完了したら、再び、VCSAのインストーラーの画面に戻ります。

「SSOドメイン名」と「SSOパスワード」を入力します。例えば、「SSOドメイン名」に「gokatei3.go」を設定し「SSOパスワード」に「P@ssw0rd」を設定した場合は、ユーザ名「administrator@gokatei3.go」とパスワード「P@ssw0rd」でログイン可能になります。

「Join an existing SSO domain」はCross vCenter vMotionなどをする時に使用する設定です。ここでは説明を省略します。

VCSA Stage 2 インストール 後半 01

「CEIP(カスタマーエクスペリエンス向上プログラム)」に協力するかどうかを選びます。その後、「Next」を押下します。

VCSA Stage 2 インストール 後半 02

設定確認画面です。「Finish」を押下します。

VCSA Stage 2 インストール 後半 03

ここから先のインストール作業は中断できない旨の警告が現れます。「OK」を押下します。

VCSA Stage 2 インストール 後半 04

インストールが完了するまで待ちます。90%くらいで長い事の待ち時間が発生しますが、これは仕様です。気長に待ちましょう。

VCSA Stage 2 インストール 後半 05

「CLOSE」を押下するとインストール完了です。

VCSA Stage 2 インストール 後半 06

接続確認

ブラウザでvCenterへのアクセスを試みます。「VSPHERE CLIENT (HTML5) の起動」を押下します。

VCSA ログイン確認 01

ユーザ名は「administrator」の後に「SSOドメイン名」を入力します。パスワードはStage 2で入力したadministratorパスワードを入力します。

VCSA ログイン確認 02

ログインに成功すると、以下のような画面が現れます。

VCSA ログイン確認 03

タイトルとURLをコピーしました