Nested ESXiの構築方法

スポンサーリンク

予算10万円以下でVMware製品を学習する方法についてまとめます。このページでは、ESXi内にESXiを起動させるNested ESXiについて、構築方法をまとめます。例えば、vSANを検証するには最低ESXi 3台以上が必要となりますが、IAサーバを3台購入するのは非常に高額です。そこで、メモリ64G, 128G程度のハイスペックマシンを1台購入し、Nested ESXiを構築すれば、自由度高く検証する事ができます。

Nested ESXiはVMware製品の検証基本パターンです。

Nested ESXiはサポート対象外である事に留意ください。この記事は自宅で検証する方向けの記事です。十分なサポートが受けられ、かつ、十分な予算があるプロジェクトではサポート対象となるハードウェアで動作確認ください。

ESXiのダウンロード

ESXiのダウンロード

Download VMware vSphereをブラウザで開きます。「VMware vSphere Hypervisor (ESXi)」を押下します。

バージョンは適宜変更ください

ESXi ダウンロード01

「VMware vSphere Hypervisor (ESXi ISO) image」と書かれているファイルの「DOWNLOAD NOW」を押下します。

ESXi ダウンロード02

「I agree to the terms and conditions outline in the End User License Agreement」にチェックを入れ、「ACCEPT」を押下します。すると、ダウンロードが開始されます。

ESXi ダウンロード03

ISOイメージの転送

ESXiのISOファイルをNested ESXiを構成する親側のOSヘ転送します。転送方法はscp, ftpなど色々な方法がありますが、初心者が最も馴染みやすい「データストア ブラウザ」を使った方法を紹介します。

ESXiの画面を開き、「ストレージ」「データストア ブラウザ」の順に選択します。

ESXiへISOファイルを転送する 01

ファイルを転送したいディレクトリを選択した状態で、「アップロード」を押下します。

ESXiへISOファイルを転送する 02

アップロードしたいファイルを選択し、「開く」を押下します。

ESXiへISOファイルを転送する 03

ファイル転送が「100%」になるまで待ちます。

ESXiへISOファイルを転送する 04

Nested ESXiの作成

仮想マシンの作成

ESXiまたはvCenterの画面で仮想マシンを作成するボタンを押下します。

Nested ESXi 仮想マシンの作成 001

「新規仮想マシンの作成」を選び、「次へ」を押下します。

Nested ESXi 仮想マシンの作成 002

「互換性」は最新、「ゲストOSファミリ」は「その他」、ゲストOSのバージョンは「ESXi X.X 以降」を選びます。「次へ」を押下します。

以下スクリーンショットはESXi 6.7の上にESXi 7.0を構築する例です。バージョンは環境に応じて適宜変更ください。

Nested ESXi 仮想マシンの作成 003

適当なデータストアを選択し、「次へ」を押下します。

Nested ESXi 仮想マシンの作成 004

「CPU」のプルダンを押下し、詳細メニューを選べるようにします。「ハードウェアアシストによる仮想化をゲストOSに公開」にチェックを入れます。このオプションを入れる事によって、ネストの仮想化を実現できます。Nested ESXiだけでなく、ESXiの上でVirtual BoxやKVMを構築する時にも必要になるオプションです。

Nested ESXi 仮想マシンの作成 005

CPUやNICを追加します。最小要件は2CPU, メモリ4G程度ですが、最小構成では何かと不便です。個人的な見解になりますが、以下のスペックをお勧めします。

設定項目 設定値
CPU 4
メモリ 16G
ディスク 40G x 2
NIC 4

NICに割り当てるポートグループはデフォルト設定の「VM Network」を前提とします。

Nested ESXi 仮想マシンの作成 006

ESXiのインストーラーISOファイルをマウントした状態にします。

あらかじめ、データストアにISOファイルを転送しておきます。

「データストアのISOファイル」を選択し、参照ボタンからISOファイルのパスを指定します。その後、「接続」にチェックが入っている事を確認します。

Nested ESXi 仮想マシンの作成 007

ESXiのインストール

ESXiのインストールは物理マシンのESXiインストール方法とNested ESXiのインストール方法は殆ど同じです。

まず、ESXiをインストールする仮想マシンを起動させます。

Nesxted ESXiのインストール 010

Enterを押下し、インストールを続行します。

Nesxted ESXiのインストール 011

F11を押下し、EULAに同意します。

Nesxted ESXiのインストール 012

ESXiをインストールするディスクを選び、Enterを押下します。

Nesxted ESXiのインストール 013

キーボードを選び、Enterを押下します。

Nesxted ESXiのインストール 014

rootパスワードを2回入力し、Enterを押下します。

Nesxted ESXiのインストール 015

F11を押下し、インストールを開始します。

Nesxted ESXiのインストール 016

インストールが完了するまで待ちます。インストール完了後、Enterを押下し再起動させます。

Nesxted ESXiのインストール 017

IPアドレスの初期設定

F2を押下し、設定画面へ遷移させます。

ESXi 初期IPアドレスの設定 001

設定画面に移る前にパスワードを問われますので、パスワードを入力し、Enterを押下します。

ESXi 初期IPアドレスの設定 002

「Configure Managenemt Network」を選び、Enterを押下します。

ESXi 初期IPアドレスの設定 003

デフォルト設定では1番目のNIC(vmnic0)でVLANタグは付与しません。NICとvlanの設定はこの画面で設定変更する事もできますが、このページは説明を省略します。

さて、「IPv4 configuration」を選択し、Enterを押下します。

ESXi 初期IPアドレスの設定 004

「Set static IPv4 address and network configuration」をスペースキーで選択し、IPv4アドレスやデフォルトゲートウェイなどのパラメタを入力します。その後、Enterキーを押下します。

ESXi 初期IPアドレスの設定 005

IPv6を無効化する場合は、「IPv6 configuration」を選択し、Enterを押下します。

ESXi 初期IPアドレスの設定 006

「Disable IPv6 (restart required)」をスペースキーで選択し、Enterを押下します。

ESXi 初期IPアドレスの設定 007

「DNS Configuration」を選択し、Enterを押下します。

ESXi 初期IPアドレスの設定 008

「Use the following DNS server and hostname」をスペースキーで選択し、DNSサーバやホスト名などのパラメタを入力します。その後、Enterを押下します。

ESXi 初期IPアドレスの設定 009

「DNS Suffixes」をスペースキーで選択し、Enterを押下します。

ESXi 初期IPアドレスの設定 010

DNS Suffixを入力し、Enterを押下します。

ESXi 初期IPアドレスの設定 011

この画面でEscを押下します。

ESXi 初期IPアドレスの設定 012

IPv6を無効化した場合はOS再起動を促され、IPv6を設定変更していない場合はネットワーク再起動を促されます。いずれの場合でも「Y」を押下し、設定を反映させます。

ESXi 初期IPアドレスの設定 013

ESXi 初期IPアドレスの設定 014

再起動完了後、ブラウザでhttpsによるアクセスが可能な事を確認します。以下の画面でユーザ名とパスワードを入力し、「ログイン」を押下します。

ESXi 初期IPアドレスの設定 015

ログインに成功すると以下のような画面が表示されます。

ESXi 初期IPアドレスの設定 016

データストアの作成

インストール直後の状態では、データストアが1つもなく仮想マシンを作成する事ができません。データストアを1つ作成し、仮想マシンの動作確認ができるようになるまでの操作を説明します。

「ストレージ」「新しいデータストア」の順に押下します。

データストアの作成 01

「新しいVMFSデータストアの作成」を選んだ状態で「次へ」を押下します。

データストアの作成 02

「ディスク」を選択し、「名前」に何か適当な分かりやすい名前を入れます。

以下スクリーンショットでは1つしかディスクが見えてませんが、環境によっては複数のディスクから1つを選択します。

データストアの作成 03

ディスクの一部または全部をVMFSとしてフォーマットします。全部をフォーマットする場合は、そのまま「次へ」を選びます。

一部をフォーマットする場合は、「ディスク内の全ての容量」ではなく「カスタム」を選びます。

データストアの作成 04

「完了」を押下します。

データストアの作成 05

「はい」を押下します。

データストアの作成 06

データストアが作成された事を確認します。

データストアの作成 07

時刻同期

ESXiホストはNTPサーバまたはPTPサーバと同期する事ができます。以下、NTPサーバと同期する方法を説明します。

「監視」「システム」「日付と時刻」「NTP 設定の編集」の順に押下します。

ESXi NTPの設定 01

「NTPを使用 (NTPクライアントの有効化)」を選択します。「NTPサービス起動ポリシー」は自動きどうするか否かの設定で特段の理由がないならば「ホストと連動して起動および停止します」が無難でしょう。「NTPサーバ」にはNTPサーバのIPアドレス等をカンマ区切りで入力します。

ESXi NTPの設定 02

自動起動

「監視」「サービス」の順に押下します。

自動起動設定変更や手動起動をする場合は、対象サービスを右クリックメニューで「起動」「ポリシー」などの設定変更が可能です。

ESXi サービスの設定変更

補足 : Mac OSでのF11/F2キー操作

Mac OSで操作する場合はやや注意が必要です。Mac OSはファンクションキーに標準操作が割り当てておらず、例えば、F11ならば音量減、F2ならば光量増などの操作が割り当てられています。

まず、この特殊な操作を無効化し、ファンクションキーに標準操作を割り当てるには、「システム環境設定」「キーボード」の順に押下します。

Mac OSによるNested ESXi構築 01

「F1、F2などのキーを標準のファンクションキーとして使用」にチェックを入れます。

Mac OSによるNested ESXi構築 02

F11押下などの操作が求められる画面では、「Command + F11」を押下します。

Mac OSによるNested ESXi構築 03

F2押下などの操作が求められる画面では、「Command + F2」を押下します。

Mac OSによるNested ESXi構築 04

タイトルとURLをコピーしました