TrueNAS (旧FreeNAS) インストール手順

スポンサーリンク

VMware HAはESXiの筐体障害発生時に、別の筐体で仮想マシンを再起動させるダウンタイムを軽減させる手法です。この手法を動作確認をするには共有ストレージが必要となります。このページでは、NFSではなくiSCSIによる共有を動作確認できるTrueNAS(旧FreeNAS)のインストール方法についてまとめます。

TrueNASのダウンロード

True NAS」のトップページを開きます。「Download」を押下します。

True NAS のダウンロード 01

画面下の方へスクロールし、「No Thanks. Take me to the Download Page」を押下します。

True NAS のダウンロード 02

「Download Now」を押下すると、True NASのISOファイルがダウンロードされます。

True NAS のダウンロード 03

TrueNASのインストール

仮想マシンの作成

TrueNASをインストールする仮想マシンを作成します。

TrueNAS用途の仮想マシン作成 01

TrueNASはBSD 12系 64bit OSです。ゲストOSのバージョンは「FreeBSD 12以降のバージョン(64bit)」を選んでおきましょう。

TrueNAS用途の仮想マシン作成 02

メモリは最小8GBですが、以下スクリーンショットでは余裕ある割当をしています。ディスクの1本はOS用として使用され、それ以外がデータ用途として使用されます。ですので、仮想マシンに複数のディスクを備え付けておきましょう。

なお、1本目のディスクはOS用途ですので、小さめのディスクサイズで差し支えありません。

TrueNAS用途の仮想マシン作成 03

さきほどダンロードしたTrue NASのisoファイルを接続します。

TrueNAS用途の仮想マシン作成 04

TrueNASのインストール

isoファイルをマウントした状態で仮想マシンを起動します。以下のような画面が表示され、しばらく待つとインストール画面へ遷移します。

TrueNASのインストール 01

「1 Install/Upgrade」を選択した状態で、Enterを押下します。

TrueNASのインストール 02

スペースキーでイントール先となるディスクを選びます。インストール先を選んだ状態で、Enterを押下します。

TrueNASのインストール 03

インストール先となるディスクはデータを格納できない旨の警告が表示されます。TrueNASは軽量OSでUSBメモリのようなflashにOSをインストールする事を想定しているためです。警告を許容できるならば、OKを押下しましょう。

TrueNASのインストール 04

rootパスワードを入力します。ここでは英字キーボードになっているので、記号をパスワードに使用する方はキー配置に注意しましょう。

TrueNASのインストール 05

BIOSでbootするか、UEFIでbootするかを選びます。

TrueNASのインストール 06

インストールが完了すると以下のような画面が表示されます。Enterを押下します。

TrueNASのインストール 07

「3 reboot」または「4 shudown」をスペースキーで選び、Enterを押下します。

TrueNASのインストール 08

TrueNASの初期設定

TrueNASが起動すると以下のような画面になります。TrueNASは対話形式でIPアドレスなどの設定が可能です。

True NAS 初期設定 01

「1」を押下するとIPアドレスの設定が可能です。以下スクリーンショットの要領で操作ください。

True NAS 初期設定 02

「4」を押下するとデフォルトゲートウェイの設定が可能です。以下スクリーンショットの要領で操作ください。

True NAS 初期設定 03

「6」を押下するとDNSの設定が可能です。以下スクリーンショットの要領で操作ください。

True NAS 初期設定 04

TrueNASのブラウザ確認

最後にブラウザで操作可能な事を確認します。httpsでブラウザによるアクセスを試みます。

ユーザ名「root」、さきほど設定したパスワードでログインできるかを確かめます。

TrueNAS ログイン画面 01

「GET STARTED」を押下します。

TrueNAS ログイン画面 02

以降、この画面を用いて、NFSサーバやiSCSIサーバの構築が可能となります。

TrueNAS ログイン画面 03

タイトルとURLをコピーしました