vSAN構築手順

スポンサーリンク

vSANはIAサーバのディスクを使った高可用性を実現する技術です。ストレージに比べれば安価に実現できるものの、SSDを備えた物理サーバを3台以上用意しなければならず、安価と言えども個人で検証するのはハードルの高い技術です。このページではSSDを擬似的に作り、IAサーバ1台でvSANを検証する方法をまとめます。

Nested ESXiの作成

ハードウェア構成

vSANは3台以上のESXiで構成されますので、Nested ESXiを3つ以上作成します。右クリックメニューの「新規仮想マシン」からNested ESXiを作成します。

vSAN用のNested ESXiの構成 01

vSANはキャッシュ層とキャパシティ層の2つのディスクが必要です。さらにOS用途として1つのディスクが消費される事を考えると、最低でも3つのディスクが必要になります。このページでは、以下スクリーンショットのように4つのディスクで構成される例を紹介します。

vSAN用のNested ESXiの構成 02

SSDの擬似

vSANのキャッシュ層として使用するディスクはSSDにしなければなりません。Nested ESXiでvSANを動作確認する場合は、SSDを擬似する手間が必要となります。

まず、SSDを擬似するディスクのscsiのノード番号を控えます。以下スクリーンショットの場合、「scsi0:1」です。

擬似 SSDの作成 01

SSDを擬似する設定はGUIで投入する事はできず、仮想マシンの構成を表すvmxファイルを直接編集する必要があります。ESXiへsshログインし、viなどでvmxファイルを直接編集します。

擬似 SSDの作成 02

「scsi0:1.virtualSSD = 1」のような設定を加筆します。など、scsiのノード番号は適宜変更ください。

擬似 SSDの作成 03

編集後、仮想マシンを起動し、ESXiの管理画面にて「ストレージ」「デバイス」の順に押下します。ディスクをSSDとして認識している事を確認します。

擬似 SSDの作成 04

vSANクラスタの構成

クラスタの作成

vSAN用のクラスタを作成します。データセンターの右クリックメニューを表示し、「新規クラスタ」を押下します。

vSANクラスタの作成 01

「vSphere DRS」「vSphere HA」「vSAN」を有効にします。

vSANクラスタの作成 02

VMkernel

メンテナンスモードを解除する前に、VMkernelを編集し、vSAN用途の通信が疎通可能になるようにします。

ESXiホストを選択し、「VMkernelアダプタ」「編集」の順に押下します。

vmkの設定 01

「vMotion」「管理」「vSAN」を有効にします。

vmkの設定 02

残りのESXiホストについても同様に「vSAN」を有効にします。

vmkの設定 03

ディスク管理

「クラスタ」「設定」「ディスク管理」の順に画面遷移し、「未使用ディスクの要求」を押下します。

vSAN用のディスク構成 01

SSD 3本をキャッシュ層として設定します。要求対象列をプルダウンメニューで選び「キャッシュ層」としてください。

vSAN用のディスク構成 02

HDD 6本をキャパシティ層として設定します。要求対象列をプルダウンメニューで選び「キャパシティ層」としてください。以上の操作後、「作成」を押下します。

vSAN用のディスク構成 03

ディスクの作成後、「vSANでのディスクグループの作成」タスクが終わるまで待ちます。

vSAN用のディスク構成 04

メンテナンスモード解除

メンテナンスモードを解除します。

メンテナンスモードの解除 01

残り2台のESXiホストについてもメンテナンスモードを解除します。

メンテナンスモードの解除 02

メンテナンスモード解除後、vSANとしてのディスクを認識している事を確認します。

メンテナンスモードの解除 03

VMware HAの動作確認

vSANのディスク上に仮想マシンを作成し、それを起動します。

VMware HAの動作確認 01

どのESXi上で仮想マシンが動作しているかを確認します。以下スクリーンショットの場合ならば、192.168.1.144上で仮想マシンが動作しています。

VMware HAの動作確認 02

仮想マシンにpingを打ちながら、ESXiを再起動させます。しばらく経つと仮想マシンへのpingが途切れます。

VMware HAの動作確認 03

さらにしばらく待つと、ping応答が復活します。

VMware HAの動作確認 04

vCenterで状態を確認すると、仮想マシンが192.168.1.144から192.168.1.143へ移動した事が分かります。

VMware HAの動作確認 05

タイトルとURLをコピーしました